時事用語時事問題 > 一般> お坊さん便

お坊さん便

お坊さん便とは、お坊さんの読経の通信販売のこと。
株式会社みんれびがサービス提供をおこなっている。
今までは、菩提寺に葬儀や法事を執り行ってもらうのが一般的であった。しかし、核家族化がすすみ、都市への移住が増えた現在は、菩提寺が遠方であったり、近く人お寺があっても寺との付き合いがないためいざという時に依頼の仕方がわからなかったり、依頼できてもお布施の相場が不明だったりと、不安な要素が多くなってきた。
このような使う側のニーズと、お寺を持たない、持てない僧侶への仕事紹介のニーズをマッチングさせてできたのが、お坊さん便である。
お坊さん便は、インターネット(Amazon)、メール、電話で葬儀や法事の申し込みができ、料金はお布施ではなく、あらかじめ金額が提示されており、カード決済も可能。総額費用の中に全てが含まれているので、追加で費用を払う必要がなく、安心して使うことができる。
お経をあげてくれたお坊さんや僧侶さんの檀家になる必要はない。
利用者にとっても、お坊さんにとっても便利だが、全日本仏教会からは、宗教行為をサービスとして商品にしている、との批判の声も出ている。



« 砂糖税 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 三次喫煙 »



■好評の無料メールセミナーはこちら