時事用語時事問題 > 一般> くじら牧場

くじら牧場

くじら牧場とは、湾の一部を網で仕切ってクジラやイルカを放し飼いにする巨大ないけすのこと。
和歌山県太地町の森浦湾で湾南部の入り江の入り口を長さ約430mの網で仕切り、およそ28haのいけすを造り、ハナゴンドウ、コビレゴンドウ、オキゴンドウ、バンドウイルカなどの小型鯨類を放し飼いにする。観光客の誘致と野生に近い環境で生態の研究を行うことを主な目的としている。
太一町では、クジラの研究施設や、古式捕鯨を再現する施設の建設なども周辺に構想している。
予定地の海で真珠養殖などをしている業者との権利関係の交渉や、運営にかかる財源確保などの問題はあるが、太地町では3~5年後をめどに課題を解決し、2017年を目処にオープン、年間30万人の集客を目指す。



« 肩掛け担架 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 維新政治塾 »



■好評の無料メールセミナーはこちら