時事用語時事問題 > 一般> こどもショートステイ

こどもショートステイ

こどもショートステイとは、保護者がやむを得ない事情で一時的に子供の養育が困難な時に短期間子供を預かる自治体のサービスのこと。
保護者のやむを得ない事情とは、疾病や冠婚葬祭、出張、介護、出産、育児不安等がある。
養育協力家庭宅で預かる在宅型と児童養護施設で預かる施設型があり、子供を預かってくれる日数、料金、対象となる子供の年齢は各自治体により異なる。
預かってくれる日数は一週間前後のところが多く期間中は全日(24時間)で食事や身の回りの世話を行ってくれる。利用料金は0円~数千円(実費は別途)で一律の自治体と世帯区分や預かる子供の年齢に応じて設定されている自治体がある。
子供の年齢は生後7日~小学校6年生までの間で設定されているが、自治体で決められた年齢と、委託する施設により異なる。



« ノントレー包装 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | GOPAN »



■好評の無料メールセミナーはこちら