時事用語時事問題 > 一般> ゆかりペンスタイル

ゆかりペンスタイル

ゆかりペンスタイルとは、赤しそをふりかけにした「ゆかり」をペン型の容器に入れた商品のこと。
三島食品が販売している。
当初は銀座にある広島県のアンテナショップと、広島県内にある「道の駅舞ロードIC千代田」の2カ所で販売していた。
売れ行きが好調だったことから、三島食品の通販サイトでも販売を始めたが、売り切れが続出する人気商品となっている。
長さ14センチ、直径1.5センチのマジックペンのようなフォルムで持ち運び便利。また、ペン先は直径3ミリとなっていてキャラ弁のような細かい作業にも向いている。
価格は1本500円と少し高めだが中身がなくなったら、詰め替えることもできて繰り返し使うことができる。



« 大人のランドセル | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 下流老人 »



■好評の無料メールセミナーはこちら