時事用語時事問題 > 一般> アンテナショップ

アンテナショップ

アンテナショップとは、製品のアピールや消費者の反応を直に見ることを目的として運営されている店舗のこと。
主に企業が運営するものと、自治体が運営するものに分けられる。
企業が運営するものは、消費者に向けたショールーム機能や、相談窓口などのサポート機能、製品のテスト販売、そのほかイベントの開催を行っており、本社・本部など会社中枢部やその周辺、繁華街などに設定されていることが多い。
自治体が運営するものは、特産品の紹介・販売、飲食店の経営、観光案内などを行っており、東京都内の山手線沿線の人の多く集まる場所に設置されていることが多い。
自治体のアンテナショップは、都内に居ながら手軽に全国をめぐる旅気分になれるため人気がある。
コンビニエンスストア「ローソン」では東京都内の3店舗の店内に徳島県、埼玉県、長野県のアンテナショップを開設している。



« マタニティーマーク | 時事用語時事問題を楽しくマスター | キャバクラユニオン »



■好評の無料メールセミナーはこちら