時事用語時事問題 > 一般> イグノーベル賞

イグノーベル賞

イグノーベル(Ig Nobel)賞とは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に贈られる賞のこと。
ノーベル賞のパロディ的な物で、「卑劣な、あさましい」を意味する言葉の「ignoble」が由来となっている。
1991年に第1回が開催され、毎年10月に授賞式がハーバードのサンダース・シアターの祝賀式典で行われ、受賞者には賞状とトロフィーが贈られる。
本物のノーベル賞受賞者を含むハーバード大やマサチューセッツ工科大の教授らが書類選考し「他の誰もやりそうにない、ユーモアと独自性を兼ね備えた研究や開発」を行った個人や団体に対して授与される。なお、ノーベル賞と異なり、故人も受賞の対象となる。
主催しているのは、アメリカのハーバード大学系のパロディーやユーモアのある科学を扱った雑誌「風変わりな研究の年報(Annals of Improbable Research)」。他にも共同スポンサーがいる。
賞は10部門あり、生物学賞・物理学賞・学術的研究賞・平和賞・化学賞・数学賞・文学賞・衛生賞・経済賞・薬楽賞(変更あり)で構成されている。



« エマージェンシー・ブラ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ネリカ米 »



■好評の無料メールセミナーはこちら