時事用語時事問題 > 一般> イプシロン

イプシロン

イプシロンとは、高性能と低コストの両立を目指す新時代の固体燃料ロケットのこと。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発したロケットで、1段目にはH-IIAロケット用補助ブースターを活用しており、一方2段目と3段目には世界最高性能と言われているM-Vロケットの上段モータを改良し採用している。
従来のロケットよりも低価格で作成されており、組立期間も大幅に短縮されている。かつ、運用に必要な制御もコンピュータ2台で行っている。こうした特性を活かして高頻度の打ち上げが可能になる。
2013年8月27日午後1時45分に打ち上げる予定だったが、発射19秒前にコンピューターがロケットの姿勢の異常を検知して自動停止した。次回の打ち上げは9月の予定。
異常の原因はロケットそのものではなく、制御を行うコンピューター側に問題があったとみて原因究明を急いでいる。



« 文化財ドック | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 江戸しぐさ »



■好評の無料メールセミナーはこちら