時事用語時事問題 > 一般> イリジウム衛星フレア

イリジウム衛星フレア

イリジウム衛星フレアとは、衛星携帯電話に利用するイリジウム衛星に太陽光が反射して見える光のこと。
イリジウム衛星には、平面のドア大の大きさの反射率の高い金属アンテナを3つ備えており、これに太陽の光が反射することで地球から見ると明るく輝いて見える。光の強さは-8等級程度でこの現象をイリジウムフレアといい、比較的狭い場所で十数行間見ることができる。
2016年現在イリジウム衛星は数十個あり、高度780kmの地球低軌道に配置されていて、いつどこでイリジウムフレアを見ることができるのか計算してくれるソフトウェアもある。



« 電子タトゥー | 時事用語時事問題を楽しくマスター | YOKOSO! EIGAKAN »



■好評の無料メールセミナーはこちら