時事用語時事問題 > 一般> オレンジプラン

オレンジプラン

オレンジプランとは、認知症施策推進5か年計画のこと。
厚生労働省が2012年6月にとりまとめ、9月に発表した。主となる7つの認知症に関する政策課題を示している。
1.標準的な認知症ケアパス(状態に応じた適切なサービス提供の流れ)の作成・普及
2.早期診断・早期対応
3.地域での生活を支える医療サービスの構築
4.地域での生活を支える介護サービスの構築
5.地域での日常生活・家族の支援の強化
6.若年性認知症施策の強化
7.医療・介護サービスを担う人材の育成
今後、高齢者が増える社会に対応するため、認知症の早期発見や認知症の人と周りの人をを支えるための施策として、政府や医療関係者、各自治体など、日本社会の全体の問題として広く取り組んで予定。



« 触れる地球 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 黒船スイーツ »



■好評の無料メールセミナーはこちら