時事用語時事問題 > 一般> オレンジリボン運動

オレンジリボン運動

オレンジリボン運動とは、子供の虐待がない社会を目指した運動のこと。
2005年に栃木県小山市で「カンガルーOYAMA」が前年に起きた児童虐待事件を受けてオレンジリボンキャンペーン始めたのがきっかけ。その後、「児童虐待防止全国ネットワーク」を総合窓口として、厚生労働省との協働により全国的に活動を行っている。
子ども虐待の防止にかかわるさまざまな団体と連携し、児童虐待防止法や児童福祉法の改正、児童福祉施設最低基準の見直しなどを求めるソーシャルアクションと、子ども虐待防止のための広報・啓発活動を行っている。
厚生労働省では毎年11月をオレンジリボンをシンボルとした児童虐待防止推進月間を計画している。



« キーストロークダイナミクス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ファストジュエリー »



■好評の無料メールセミナーはこちら