時事用語時事問題 > 一般> サムライシルク

サムライシルク

サムライシルクとは、蚕が繭を作る時、はじめにだす糸を使って作られた鶴岡産の絹のこと。
この糸は「きびそ」と呼ばれている。
「kibiso・侍絹」(きびそ・サムライシルク)というブランドで鶴岡市の鶴岡織物工業協同組合で生産されている。
「きびそ」には水溶性の蛋白質セリシンが豊富に含まれ、高い保湿力、紫外線吸収力、そして抗酸化作用があると言われ、スキンケアの成分としても利用されいる。
kibisoのロジェクトプロデューサーである岡田茂樹氏が、太くて硬い「きびそ」が織物には向かないとして使われずに放置されていたものを、生かそうと考え、ピュアジャパンの絹を見直したいという思いと結び付け、kibisoというブランド名を立ちげた。
鶴岡市の地元の企業とテキスタイルデザイナーの須藤玲子さんの監修のもと、一緒に製品作りを始めた。絹糸をどう生かせばいいか、色彩や織り方、かたちなどを考えて、さまざまな製品を生んでいる。
「侍絹」(サムライシルク)の名前の由来は、戊辰戦争で敗れた旧庄内藩士が刀を捨てて荒れ地を開墾し、新しい産業として養蚕に取り組んだ、という史実をもとに敗者復活の気骨を表している。



« オオキンケイギク | 時事用語時事問題を楽しくマスター | スマホ症候群 »



■好評の無料メールセミナーはこちら