時事用語時事問題 > 一般> スラックライン

スラックライン

スラックラインとは、綱渡りのこと。
2点間に張り渡したベルト(ライン)の上で歩いたり、ジャンプしたりさまざまな動作をして楽しむニュースポーツ。
アメリカのロッククライマーらが登山用ロープを水平に張って、その上を歩いて楽しんでいたことに始まる。2007年、ドイツで専用のラインや設置器具が開発され、2011年には初のワールドカップが開催された。アウトドアでの遊びや体を鍛えるトレーニング法として、欧米で一気に人気が高まった。日本国内の競技人口は約4万人。
簡単そうに見えるが、ラインの上に立つだけでも難しく、続けることで体幹の安定性やバランス感覚なども向上も期待できる。



« ライスコード | 時事用語時事問題を楽しくマスター | スマホ老眼 »



■好評の無料メールセミナーはこちら