時事用語時事問題 > 一般> スーパーナンキンムシ

スーパーナンキンムシ

スーパーナンキンムシとは、薬剤抵抗性種のナンキンムシのこと。
正式名称はトコジラミ。人の血を吸う害虫で、住宅やオフィスなどどこにでもいる。
戦後、DDTの大量散布で、日本では数が激減し被害もほぼなくなったかに見えていたが、近年海外から薬剤への耐性をつけたナンキンムシが持ち込まれ再び増加している。
市販の殺虫剤に対して、かつての1万2千倍の抵抗性があるので一度発生すると駆除は難しく、刺されると激しいかゆみに襲われる。
発生した場合は害虫駆除の専門業者に依頼するか、家庭での駆除する方法としては、45度以上の熱を数分間当てる、掃除機で吸い取る、などの方法がある。このほか、ナンキンムシの習性を利用した駆除方法も研究されている。



« 蚊取空清 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 保活コンシェルジュ »



■好評の無料メールセミナーはこちら