時事用語時事問題 > 一般> ナノフロント

ナノフロント

ナノフロントとは、直径700ナノメートルの超極細ポリエステルナノファイバーのこと。
直径700ナノメートルは、断面積が髪の毛の7500分の1の細さ。
ナノファイバーは、安定して均一性のとれた品質での量産が困難だったが、テイジンが世界で初めて開発に成功した。
従来繊維と比べ、高い吸水性や吸着性、防透性を持っている。
そして、生地の肌ざわりが柔らかく、皮膚への刺激が格段に少い。また、生地の表面積が通常繊維の約数10倍で、繊維表面のナノサイズの凸凹が大きな摩擦力を発生するので、大きなグリップ力を発揮し滑りにくいという特徴をもっている。
このような特徴を活かして、機能性スポーツウェア、インナーウェア、スキンケア商品、抗菌フィルター、精密研磨クロスなど、幅広い用途への使用が期待されている。



« 耐塩性作物 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 異所性脂肪 »



■好評の無料メールセミナーはこちら