時事用語時事問題 > 一般> ヌートリア

ヌートリア

ヌートリアとは、カピバラやネズミに似た外見の動物のこと。
齧歯目ヌートリア科で体長40~60センチ程度。南米のチリ、アルゼンチン、ボリビア、ブラジル南部が原産。
日本には、軍用の毛皮確保の目的で輸入され西日本を中心に養殖・飼育されていたが太平洋戦争、朝鮮戦争が終わると需要がなくなり、捨てられたものが岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、三重県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県など西日本の各地に定着した。
ヌートリアは水辺に穴を掘り、巣を作る性質がある。世界文化遺産に登録された姫路城の中堀で発見されたため姫路城の石垣にヌートリアが巣を作り、それが原因で石垣が崩れたりするのではいかと危惧されている。



« YOKOSO! EIGAKAN | 時事用語時事問題を楽しくマスター | Spot message »



■好評の無料メールセミナーはこちら