時事用語時事問題 > 一般> ビーチアニマル

ビーチアニマル

ビーチアニマルとは、プラスチックチューブ、ペットボトル、木材で作られ、風の力で動く生命体のような作品のこと。
オランダの作家テオ・ヤンセン氏が作成した。
1990年に作成が開始され、世代を重ねるごとに進化しておりビーチの嵐や海水に耐えられる構造になっている。
このような疑似生命体を作ることで、自然と賢く付き合う方法を探している。
大きいものでは長さ9m、高さ5mのものある。基本は屋外の風を受けて動くものだが、屋内用にペットボトルに空気を圧縮し、それを解放することで動くものもある。
日本での展覧会は2009年1月~4月に日比谷、2010年12月~2011年2月14日お台場の日本科学未来館で開催。



« ナノバブル | 時事用語時事問題を楽しくマスター | クレジット現金化 »



■好評の無料メールセミナーはこちら