時事用語時事問題 > 一般> ブレークスルー・イニシアチブ

ブレークスルー・イニシアチブ

ブレークスルー・イニシアチブとは、地球外の知的生命体を探査する学際的調査プロジェクトのこと。
2015年7月に英王立協会が発表した。
英国のスティーブン・ホーキング博士、天文学者のマーティン・リース氏、ロシアの有力投資家ユリ・ミルナー氏が参加している。
史上最大規模のプロジェクトで、費用は1億ドル、期間は10年で宇宙を調査していく。
ブレークスルー・リッスン(Breakthrough Listen)とブレークスルー・メッセージ(Breakthrough Message)を軸に進められている。
ブレークスルー・リッスンは、宇宙から地球に届く電磁波の中に、どこかの惑星などから地球へのメッセージなど文明の存在を示す信号がないか解析するもので、世界最大規模の望遠鏡を使用し、宇宙のこれまで以上に深い場所で電波やレーザー信号を探していく。
ブレークスルー・メッセージは、人類および惑星・地球を代表して、いつの日か地球外文明に送り込まれる可能性があるメッセージを作成する国際的コンペを開催する。
これまでも、地球外での生命体探査が行われれてきたが、今回は進歩した科学や技術を使っているため、従来では1年かかったデータ収集を1日で行えるようになったり、収集した電波データは一般公開されるなど、新しい試みも行われる。



« ロリータ包丁 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | リポポリサッカライド »



■好評の無料メールセミナーはこちら