時事用語時事問題 > 一般> プラチナ構想ネットワーク

プラチナ構想ネットワーク

プラチナ構想ネットワークとは、環境問題を考え、高齢者が参加し、人材が育つ活発な地域をつくる活動の核となる地域・企業・研究機関のネットワークのこと。
2010年8月に設立され、年に2回程度のシンポジュウム開催を実施する予定。
全国規模の連携組織で、政策的課題の解決策を政界、産業界、市民に発信し、動きを促すことを目的としている。
「プラチナ」という名前には、エコ(グリーン)、健康(シルバー)、IT(ゴールド)など、さまざまな輝きをもった一ランク上の暮らしという意味をが込められている。
活動内容は、プラチナ構想実現に向けた取組事例の整理・構造化と社会に向けた啓発活動、研究及び調査の実施、海外のプラチナ構想類似組織との交流活動を行っている。
問題を解決の過程で、新しい需要が生まれ、需要に応えるための産業が起き、雇用が生まれ、経済が活性する効果も期待される。



« ボディースキャナー | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ハイタッチ大作戦 »



■好評の無料メールセミナーはこちら