時事用語時事問題 > 一般> ベルツ賞

ベルツ賞

ベルツ賞とは、優れた医学論文の著者に贈られるのこと。
明治時代、日本の近代医学発展に寄与したエルヴィン・フォン・ベルツ博士の名を冠して作られた賞で、1964年にドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイム社によって設立された。
日独両国間の歴史的な医学関係を回顧し、両国の医学面での親善関係を更に深めて行くためのものである。
2009年の1等はは鬱病や統合失調症などの精神疾患をテーマとした放射線医学総合研究所の須原氏ら10人が選ばれた。陽電子断層撮影法(PET)を応用し、統合失調症で脳内の神経伝達物質ドーパミンの伝達に異常があることを発見するなどした。
2等には広島大教授の内匠氏が選ばれ、染色体工学の手法を使い、ヒトの自閉症と同じ原因を持つ世界初のモデルマウスを作製した。



« 海のエコラベル | 時事用語時事問題を楽しくマスター | トランス脂肪酸 »



■好評の無料メールセミナーはこちら