時事用語時事問題 > 一般> マタニティーマーク

マタニティーマーク

マタニティーマークとは、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするために作られた直径5cm程度のマークのこと。
厚生労働省が2007年3月に発表している。
鉄道利用時に「妊娠初期の場合は外見からは分かりにくいため、周囲の方に妊婦と気づいてもらえない。」、「外見から妊婦の方だと思っても、勘違いに対する恐れから席を譲ることができない。」等の利用者の声に応えて、鉄道の利用環境向上のため、交通会社、交通局合わせて16社でマタニティマークの配布を実施することとなった。
また、マークの配布と共にポスター等の掲示により、より妊産婦への配慮のある環境作りを目的としている。



« ICT | 時事用語時事問題を楽しくマスター | アンテナショップ »



■好評の無料メールセミナーはこちら