時事用語時事問題 > 一般> ミズベリング

ミズベリング

ミズベリングとは、かつての賑わいを失ってしまった日本の水辺の新しい活用の可能性を創造していくプロジェクトのこと。
ミズベリング・プロジェクト事務局が活動を行っている。
活動内容は、水辺を活用した地域活性化のための方法や支援提案のプレゼンを行ったり、水辺に関するイベントの企画、相談、既に行っている活動の取材などがある。
ミズベリングは「水辺+RING(輪)」、「水辺+ING(進行形」、「水辺+R(リノベーション)」の造語。
従来、河川についての法は、水害から市民を守る視点で作られていたので、国や都道府県ごとに整備され厳しく管理されていた。
しかし、昨今、水害対策のみではなく水辺の美しい街づくり、という観点が取り入れられ規制緩和がスタートした。これにより水辺の商業利用が促進され、イベント施設やカフェ、キャンプ場などといった従来にない河川の可能性が追求できるようになった。
このような状況を受けて、水辺に興味を持つ市民、企業、行政が三位一体となってミズベリングを推進している。



« スギ花粉症治療米 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 電力自由化 »



■好評の無料メールセミナーはこちら