時事用語時事問題 > 一般> メタルペン

メタルペン

メタルペンとは、半永久的に書くことのできるペンのこと。
ペン先の金属合金が摩擦で少量づつ削れて紙に付着する。使って減る金属合金はとても少ないので交換の必要がなく一生使える。
ペン先が太くなった場合はサンドペーパーを使って細く削ることで太さを調節する。
鉛筆やインクのように手でこすって紙を汚す心配はないが、書いたものを消すことはできない。
ただ、色づきが薄く、表面に凹凸がある紙の方がよく色が付き、滑らかな紙では薄くなる。



« お盆玉 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 水素水 »



■好評の無料メールセミナーはこちら