時事用語時事問題 > 一般> レアアース

レアアース

レアアースとは、原子番号21番スカンジウム(Sc)、39番イットリウム(Y)、57番ランタン(La)から71番のルテシウム(Lu)までの15元素の合計17元素の総称のこと。
希土類元素ともいう。
産地は中国(チベット)が97%以上を占めている。
主な用途として、高性能磁石電気自動車のモーター、光磁気ディスク、蛍光体照明(蛍光灯)、金属加工用レーザ、医療用レーザ、排ガス浄化の触媒や液晶パネルの研磨剤、高屈折レンズ、デジタルカメラのレンズ、に使われている。
2010年9月尖閣諸島沖で日本の海上保安庁巡視船と中国の漁船が衝突事故を起こした影響で、中国が日本へのレアアースの事実上貿易停止を行い問題となっている。



« HOZOT | 時事用語時事問題を楽しくマスター | COP10 »



■好評の無料メールセミナーはこちら