時事用語時事問題 > 一般> 不正改造車110番

不正改造車110番

不正改造車110番とは、不正改造車を発見した場合の連絡先のこと。
国土交通省配下の各地の運輸局が窓口となっている。受付時間は平日8:30~17:15。
安全な車社会を実現するために妨げとなる車の改造が不正改造として指定されている。
具体的には
・灯火類の灯火の色等
・運転席および助手席の窓ガラスへの着色フィルムの貼り付け
・ディーゼル自動車の排出する黒煙
・タイヤおよびホイールの車体(フェンダー)外へのはみ出し
・突入防止装置の切断・取り外し
・荷台さし枠の取り付けおよび排気管の開口方向違反
・消音器(マフラー)の切断・取り外し
・前面ガラス等への装飾板の取り付け
・基準外のウイングの取り付け
・速度抑制装置(スピードリミッター)の解除・取り外し
が挙げられている。
中には、これくらいなら大丈夫ではないかという項目も含まれているが、状況によって危険になることもある。危険性やどのような法律に抵触するかなどの詳しい情報は国土交通省の自動車総合安全情報に記載されている。
国土交通省では不正改造車に関する寄せられた情報をもとに、不正改造が疑わしい車の所有者に対して、不正改造状態の改善や自主点検等の指導を行っている。



« ネット選挙 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 頭髪タトゥー »



■好評の無料メールセミナーはこちら