時事用語時事問題 > 一般> 保育ママ

保育ママ

保育ママとは、家庭福祉員制度等実施要綱に定める要件を備え、市や区に認定されている人のことをいう。家庭福祉員ともいう。市や区の行政が仲介となり、子育てを支援する。
都市部で乳児を受け入れる保育所が少なかったため東京都などの自治体が独自に創設したのが始まり。
制度そのものは市や区が管理しているので、基準は各自治体で異なるが、基本的には①自治体に受託申請②審査③保育ママの紹介④面接⑤契約の締結という手続きが多い。
保育ママになる為には市区が定めた資格を満たす必要がある。資格も市区により異なるが、保育士資格・看護師の他、保育経験者などがある。資格の他には託児スペースの確保も条件となっている。
預かる対象も自治体によって異なるが満3ヶ月から3歳未満程度の児童が多い。



« 地球温暖化懐疑論 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 法テラス »



■好評の無料メールセミナーはこちら