時事用語時事問題 > 一般> 信州山のグレーディング

信州山のグレーディング

信州山のグレーディングとは、登山ルートの難易度の評価のこと。
2014年6月、登山での遭難者が多い長野県が作成し発表した。登山者が自分の技量と体力に合った登山ルートを選ぶことで、遭難事故を防ぐことを目的としている。
長野県内にある山岳の主な登山道別に約100のルートについて難易度と必要体力度を示した。
難易度は5段階評価で、急斜面や雪渓などの地形上の特徴や必要な技術を踏まえて分類。Aは初心者、Bは初級者、はしごや鎖場などがあるCは中級者、雪渓や急斜面などがあるDは上級者1、北アルプス北穂高岳―南岳間の「大キレット」など最難関コースはE(上級者2)とした。
必要体力度は10段階で、1~3は日帰りが可能で、4、5は1泊以上が適当、6、7は1~2泊以上が適当、8~10は2~3泊以上が適当としている。
各評価は各地区遭対協の意見を反映し、県山岳総合センター(大町市)が作成。雪がない好天時を基準としている。
情報は長野県のウェブサイトに掲載されている。今後、民間の登山情報サイト「ヤマレコ」、県内の山小屋や、全国の登山用品店、山岳情報誌、山岳団体などに情報提供予定。



« 混合診療 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 安定ヨウ素剤 »



■好評の無料メールセミナーはこちら