時事用語時事問題 > 一般> 口蹄疫

口蹄疫

口蹄疫とは、口蹄疫ウィルスが原因で偶蹄類の家畜や野生動物のかかる病気のこと。
偶蹄類とは蹄(ひづめ)が、偶数の動物のことで、家畜では牛、豚、めん羊、山羊など、野生動物では猪、らくだ、鹿などがこれにあたる。
感染すると、発熱、口の中や蹄に水泡ができ、食欲減退により肉質が落ち商品としての価値が落ちるなどの被害がある。
口蹄疫が原因で動物が死亡する確率は数パーセントといわれており成長した家畜では回復する確率が高く致死率は低い。しかし、有効な治療法がなく感染力が非常に強いので伝染を防ぐために、殺処分、消毒の徹底、移動制限区域内の家畜のワクチン接種などの処置が必要になる。
口蹄疫に感染した家畜と接触したり、肉を食べたりしても人間には感染しない。



« ニコチンウォーター | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 飲み放題 »



■好評の無料メールセミナーはこちら