時事用語時事問題 > 一般> 国民保護情報

国民保護情報

国民保護情報とは、武力攻撃から国民の生命、身体又は財産を保護するための情報のこと。
国→都道府県知事→市区町村の流れで、警報の通知や避難の指示を行い、住民広報を通じて住民に情報が行く仕組みとなっている。
情報伝達の手段については、防災無線、衛星通信など複数の経路が確保されているが、2014年4月から総務省消防庁が全国瞬時警報システム(Jアラート)が追加される。
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯電話大手3社が携帯電話やスマートフォンの利用者に無料の緊急速報メールで配信する。
スマートフォンのユーザーは、Jアラートに関して特にアプリで何かの設定を行なう必要はなく、4月1日からJアラート発信の国民保護情報もエリアメール/緊急速報メールとして配信される。



« ウェアラブルデバイス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ベビーカーマーク »



■好評の無料メールセミナーはこちら