時事用語時事問題 > 一般> 国際天文年

国際天文年

国際天文年とは、イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めての望遠鏡を使い天体観測をした1609年から、2009年が400年目となるためそれを記念して国際連合、ユネスコ(国連教育科学文化機関)、国際天文学連合が、2009年を「世界天文年(International Year of Astronomy:略称 IYA)」と定めたもの。世界天文年ともいう。
世界の人々が宇宙、天体、地球といったことに興味を持ってもらい、自分なりの発見をしてもらうことを目的としている。スローガンは「THE UNIVERSE: YOURS TO DISCOVER (宇宙 … 解き明かすのはあなた)」である。
2009年1月9日現在、136の国と地域が参加している。
日本でも様々なイベントが企画されている。



« 年越し派遣村 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ドッギーバック »



■好評の無料メールセミナーはこちら