時事用語時事問題 > 一般> 年明けうどん

年明けうどん

年明けうどんとは、元旦から1月15日までに食べるうどんのこと。
太くて長いことから長寿を祈る縁起物である白いうどんに紅いトッピング(蒲鉾やエビ天)を加えて紅白にすることで、人々の長寿や幸せを願う。
さぬきうどん振興協議会が全国の名産うどんの消費活性化のために始めた活動。
この活動に賛同したダイエーでは、2010年新春初売りでは、「年明けうどん」の関連商品40品目を226店舗で展開し、「年明けうどん」の普及に力を入れる。



« キャバクラユニオン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 畳ドクター »



■好評の無料メールセミナーはこちら