時事用語時事問題 > 一般> 年越し派遣村

年越し派遣村

年越し派遣村とは、2008年に起きた金融危機のあおりで職を失った労働者を支援する目的で、2008年12月31日から2009年1月5日まで東京都千代田区の日比谷公園に開設された施設のこと。
活動はボランティアやNPO団体や労働組合、全労連、全労協による実行委員会が主体となって行った。活動内容は食事の配給、就職相談、生活保護相談・申請相談など。
当初用意していた宿泊施設の収容人数は150人分であったがこの施設にあつまった失業者は予想を上回るおよそ500人。2009年1月2日には実行委員会の要請で厚生労働省の講堂を1月5日まで宿泊所として提供した。また、1月5日以降の宿泊所についても宿泊所を厚生労働省に要請し、中央区、練馬区、山谷に4カ所の臨時シェルターが提供された。
派遣村撤収後、生活保護が決定したのは約半数である。実行委員会は引き続き失業者への宿泊場所や食事の提供などの支援を行っている。



« アウトレットマンション | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 国際天文年 »



■好評の無料メールセミナーはこちら