時事用語時事問題 > 一般> 東京国際マンガ図書館

東京国際マンガ図書館

東京国際マンガ図書館とは、、明治大学の森川嘉一郎准教授らが発案し、同大学が設立を進めている、漫画やアニメ、ゲームなどサブカルチャー関連資料を集めた図書館のこと。2014年度までに設立する予定。漫画本・雑誌、同人誌などに加え、アーケードゲーム基板やフィギュアなどを広く収集。同人誌即売会などを開けるイベントホールも併設する。開館時の収集点数は200万点程度となる見込みで、完成すれば世界最大規模になる。
場所は千代田区にある明治大学付属中学・高校跡地を利用予定で、秋葉原、お茶の水、神保町に近い立地。
2009年10月31日にオープン予定の「米沢嘉博記念図書館」が設立のきっかけとなった。「米沢嘉博記念図書館」は故米沢嘉博氏の家族より寄贈された推計14万冊以上のマンガやサブカルチャーの関連資料を有料で公開する予定。東京国際マンガ図書館は「米沢嘉博記念図書館」を含む形で、サブカルチャー全般をカバーする複合的アーカイブの構想が具体化したものである。



« コミュニティサイクル | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 緑提灯 »



■好評の無料メールセミナーはこちら