時事用語時事問題 > 一般> 消費者ホットライン

消費者ホットライン

消費者ホットラインとは、消費者が身近なトラブルに直面したときに電話相談できる仕組みのこと。
電話相談の電話番号は全国共通(0570-064-370)で消費生活センター等に設定される。
消費者が被害に遭ったときにどこにも相談できず泣き寝入りをしている人が3割、消費生活センターや国民生活センターに相談した人は1割程度という実態を踏まえて、消費者が相談しやすい環境を整える目的で実施される。
2009年9月14日から試験的に福島県・山梨県・島根県・香川県・沖縄県の5県で実施が開始された。その他の都道府県については、10月下旬から11月上旬を目途に全国展開予定。



« DIP型会社更生法 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | プラズマクラスター »



■好評の無料メールセミナーはこちら