時事用語時事問題 > 一般> 消費者庁

消費者庁

消費者庁とは、2009年4月の創設予定の省庁のこと。
消費者庁の設置は福田康夫内閣が進めていた政策の1つで、消費者の立場にたった安心・安全を守るための行政組織である。商品や金融の取引、食品の安全性、商品・製品の安全性、販売時の消費者に向けた表示などその範囲は幅広い。
今まで生産者や供給者の立場で作られた法律や制度や行政は存在したが、消費者の立場で作られた法律や制度や行政は責任の所在が分散していたり、不十分であったため「費者行政を統一的、一元的に推進するための、強い権限を持つ新組織」を目的としている。



« 皆既日食 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ワークシェアリング »



■好評の無料メールセミナーはこちら