時事用語時事問題 > 一般> 災害用伝言ダイヤル

災害用伝言ダイヤル

災害用伝言ダイヤル
災害用伝言ダイヤルとは、地震や噴火などの自然災害で、安否確認等で被災地への通信が増加し、通信が通じにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板のこと。
ダイヤル番号は「171」。1伝言あたり30秒以内で、録音してから48時間保存される。伝言の数は1つの電話番号あたり1~10伝言(提供時の状況により変わる。) 使用方法は、「171」をダイヤルし、利用ガイダンスに従って、伝言の録音・再生を行えばよいようになっている。
毎月1日と15日(00:00~24:00)、正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)、防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)、防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)は体験利用できるようになっている。(体験利用時は保存時間が6時間と短くなっており、6時間を経過していなくても体験利用時間が終了した場合には、伝言は削除される。)



« 妊活 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 自転車ナンバープレート »



■好評の無料メールセミナーはこちら