時事用語時事問題 > 一般> 無縁社会

無縁社会

無縁社会とは、血縁、地縁、社会との縁などの絆を失った人間関係が希薄な状態の社会のこと。
身元不明の自殺者、行き倒れなど引き取り手のないまま亡くなる人が増加している。2008年には32,000人が引き取り手がなく、自治体によって火葬・埋葬されている。
こうした世相を反映して死後の身の回りの整理や埋葬を生前に予約できるサービスを利用したり、高齢者施設では共同墓地の建設を行うなど、生前に死後のことについて準備する人が増えている。
無縁者相手のビジネスは、死後のことだけではなく、保証人代行サービス、見守り代行サービス、話し相手サービスなど、多様化している。



« 巣ごもリッチ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ヒートショック »



■好評の無料メールセミナーはこちら