時事用語時事問題 > 一般> 疎開保険

疎開保険

疎開保険とは、災害を切り口とする地域間交流、物流、商流による地域おこしのこと。
鳥取県智頭町が独自に企画し、2011年4月より実施している。
自分が住んでいる地域が災害に遭い、災害救助法が発令された場合に智頭町への疎開ができる。疎開は7日間で、生活できる場所と一日三食が提供される。(智頭町までの交通費は加入者負担で、現金の支給は行われない。)
保険費用は一人当たり1年間で10,000円で、割安になるファミリーコースも用意されている。
災害がなければコメや野菜が智頭町から加入者へ贈られる。契約者に限った疎開体験ツアーも実施されている。



« スプーフィング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 新卒応援ハローワーク »



■好評の無料メールセミナーはこちら