時事用語時事問題 > 一般> 罹災証明書

罹災証明書

罹災証明書とは、被災地の市町村が、住宅の外観など損傷の被災状況を調べ、「全壊」「半壊」など被害の度合いを複数に区分し、家の持ち主や借り主に発行する書類のこと。
被災証明書ともいう。
地震の場合は、全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊の4つの区分に分類される。
被災者生活再建支援法に基づいて、壊れた家の修築費などの支援金を受け取る際に必要となるほか、被災地に寄付された義援金を配分してもらったり、被災者向けの低利子融資を受けたりするときの証明書類の役割を果たすこともある。
調査の進め方や発効時期は各市町村によって異なるため、確認が必要となる。



« 紙資源ごみ循環プロジェクト | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 陽電子放射乳房撮影(PEM) »



■好評の無料メールセミナーはこちら