時事用語時事問題 > 一般> 膜天井

膜天井

膜天井とは、軽くて柔らかく燃えない天井システムのこと。
フクビ化学工業株式会社が開発した。
東日本大震災で、天井落下事故により物の損壊や多くの人が怪我をする事態が起きたため、万が一落下しても人や物に被害が少ない安全性が高い天井を目指して開発された。
従来の天井は重くて硬い素材が多かったが、膜天井は、素材に超軽量なガラス繊維を使ったシートとサイズが小さく目立たないアルミと樹脂を使ったレールを使うことにより、軽くて柔らかい天井が実現した。
ガラス繊維はシワやタルミが出やすい素材でインテリアには不向きであったが、レールを工夫することでフラット性が高く美しい天井面を実現することが可能となった。



« 男女平等ランキング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | きものの日 »



■好評の無料メールセミナーはこちら