時事用語時事問題 > 一般> 見えないガラス

見えないガラス

見えないガラスとは、ガラス表面の反射を極限まで低下させてほとんど人の目では認識できないガラスのこと。
日本電気硝子株式会社が開発した。
超薄板ガラスの表面と裏面に反射防止膜を成膜し、ガラス表面の反射を極限まで低下させていて、一般的なガラスの視感反射率が約4%であるのに対し、「見えないガラス」はわずか0.08~0.3%。ヒトの目が感じる波長の光を選択的に反射しないように、反射防止膜を設計している。
一般的な反射防止膜は5~8層程度だが、見えないガラスの反射防止膜は、両面合わせて30層以上で構成され、ナノメートルオーダーの膜厚制御によって形成されている。
店舗のショーケース、絵画保護カバー、オブジェの台座、観察窓への使用などの用途があり販売されている。



« ゆう活 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | オワハラ »



■好評の無料メールセミナーはこちら