時事用語時事問題 > 一般> 超撥水風呂敷

超撥水風呂敷

超撥水風呂敷とは、水分を撥じく濡れない布でできた風呂敷のこと。
商品名は「ながれ」。朝倉染布株式会社が商標登録をしている。
水滴の面との接触角度が150℃を超える状態の超撥水加工をした布のため、水がかかると水の玉となり、布の表面を滑るようにころがる。また、表面だけでなく裏面も同じく超撥水加工をしているので、風呂敷の端を結んでバック状にすれば10リットルの水を運ぶこともできるので、バケツ代わりとして、アウトドアや非常時にも活躍する。
水は撥じくが、空気は通すので、水を入れた状態で絞るとシャワーのように水を降らせることもできる。



« コラボ県 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 天女の羽衣 »



■好評の無料メールセミナーはこちら