時事用語時事問題 > 一般> 輪番停電

輪番停電

電力会社が決めた複数の範囲(地域)を交代で送電停止し、告知をした上で計画的に停電させること。
電気の需要量が供給量を上回ると予測される場合に行われる。
2011年3月11日に起きた東日本大震災の津波の影響により、福島原子力発電所を含め複数の発電所が稼働不能となったことから、電力が不足したため東京電力設立以来、2011年3月14日に初めて実施され、2011年4月末まで続ける予定。
それ以前も予告されたことがあったが実際に行われたのはこの時が初めてとなった。
東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、神奈川県、静岡県、山梨県、群馬県の1都8県を市や区などで5つのグループに分け、午前6時20分から午後10時までの間を3時間程度、順番に停電する予定であったが、広く節電を呼び掛けたため、需要が供給を下回り、初日の14日はすべてのグループで実施されたわけではなく、午後17時過ぎに茨城、静岡、千葉、山梨で停電が開始された。
この時、千葉県旭市など避難所が3カ所も停電となり問題となったことから15日以降は被災地については送電を続けることなった。
その後、グループの中でも停電が行われる地域と行われない地域があったことから、3月28日からは5グループを細分化して25グループとして、停電の予告情報をより正確に伝えることとした。



« インクカートリッジ里帰りプロジェクト | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 射流 »



■好評の無料メールセミナーはこちら