時事用語時事問題 > 一般> 運転経歴証明書

運転経歴証明書

運転経歴証明書とは、運転免許証と同じ大きさのカードサイズで、住所、氏名、生年月日などが記載されている証明書のこと。
理由があって運転免許証を自主返納した人が、申請することにより交付が受けられる。
高齢運転者の死亡事故を減らそうと1998年に開始されていたが、運転免許証は身分証明書として使使っている場合が多く、返納が進まなかった。このため2002年から、免許証に代わる証明書として、都道府県の公安委員会が経歴証明書を渡しはじめた。免許返納者には、バスやタクシー割引などの特典あるため、で運転免許証を返納した高齢者からの交付申請が増加傾向にあった。
2011年11月警察庁は、交付後6カ月に限られている有効期間を、住所変更を義務づけることで撤廃し、公的な身分証明書として生涯使えるようにする方針を決めた。2012年4月実施予定。



« 私的録音補償金制度 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 見えない障害者バッチ »



■好評の無料メールセミナーはこちら