時事用語時事問題 > 一般> UVレジン

UVレジン

UVレジンとは、紫外線に反応して硬化する樹脂のこと。
金属・紙・布・プラスチック・タイルへの印刷や塗装など幅広い素材に合わせて様々な種類がある。
主な特徴としては、硬化速度が速く、作業時間を短縮できること、紫外線にあてるまでは硬化しないため、工程上の制約が少く加工しやすいこと。また、他のレジン素材と違って一液性無溶剤のため溶剤による作業環境の汚染や硬化時に熱や有害物質を発生させないため環境負荷の少ないなどが挙げられる。
アクセサリー作りの素材として、UVライトなどの特殊器具がなくても天気の良い日なら太陽光で30分から1時間程度で固まるので、手軽にできると注目を集めている。



« ブックスタート運動 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | グルテンフリー食品 »



■好評の無料メールセミナーはこちら