時事用語時事問題 > 経営> インテリジェンス

インテリジェンス

情報の収集、加工、分析などを行う存在。狭い意味ではスパイ

インターネットなどの情報媒体の発達に伴い、情報があふれる時代においてのインテリジェンスの役割は大きくなっています。

以前は戦前、また冷戦、現代においても外交上他国の情勢の分析や情報獲得においてインテリジェンスは重宝されてきました。
しかし現代の情報の獲得、分析は外交上の戦略だけでなく、企業競争において存在する膨大な情報の中から
有効な情報を選別し、分析することで経営戦略をたてることが求められるようになっています。

現代では必ずしも外交上での情報合戦においてのものだけではなくなりつつあるようですね。



« NSC | 時事用語時事問題を楽しくマスター | デング熱 »



■好評の無料メールセミナーはこちら