時事用語時事問題 > 経営> エクセレントNPO大賞

エクセレントNPO大賞

エクセレントNPO大賞とは、望ましいNPO像に近い形で成果を出しているNPOに贈られる賞のこと。
2012年6月に第1回が行われた。
賞の構成は「市民賞」「課題解決力賞」「組織力賞」と東日本大震災の被災地で活躍したNPOやその他の非営利組織、市民グループを対象とした「特別賞(東日本大震災復興支援賞)」の受賞NPOの中から最も優れたNPOとしての「エクセレントNPO大賞」が選ばれる。
評価基準は「市民性」「社会変革性」「組織安定性」の三つを基本条件とした33項目。
NPO法人は年々数が増えつつあるが、経営が難しくなかなか軌道に乗らず、市民とのつながりが弱いケースが多い。このため、本来の目的である社会の課題解決や社会貢献できる力をもつに至らない。
こうした事態を受けて、非営利組織が競い合い、その動きが市民に可視化されることで、市民社会に大きな変化を起こすことを目標に「めざそう市民会議」主催、毎日新聞社が共催した。



« 藤原の効果 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ニホンカワウソ »



■好評の無料メールセミナーはこちら