時事用語時事問題 > 経営> サロネーゼ

サロネーゼ

サロネーゼとは、主に自宅でサロン(教室)を開催している女性たちのこと。
サロネーゼという言葉は、女性ファッション誌「VERY」(光文社)が作った造語。
内容は自分の趣味や特技のスキルを生かし、美容、リラクゼーション、フラワーアレンジメント、料理、手芸など多岐にわたっている。結婚や出産で退職した主婦が、社会とのつながりや生きがいを求めて始めるケースが多い。
現在は、人気でなかなか予約の取れないサロンもある。
自宅での開催が多いとはいえ、利益が発生する以上は事業なので、経営者としての知識や視点も必要になる。サロネーゼをターゲットとした起業の基礎知識を学ぶスクールやセミナーも開かれている。



« 猫付きマンション | 時事用語時事問題を楽しくマスター | コンビニ防犯ボックス »



■好評の無料メールセミナーはこちら