時事用語時事問題 > 経営> ステークホルダー

ステークホルダー

【ステークホルダー】stake-holder
ある企業をとりまく利害関係者たちのこと。具体的には、顧客、従業員、株主、銀行、取引先、政府、地域社会など、企業の存続・発展のために、支持してもらう事が必要な人たちである。

ステークホルダー(利害関係者)に似た言葉として、ストックホルダー(株主)があります。
利害関係者は、「株主を含む概念」と、広く理解していただけるとよいでしょう。

さて、ステークホルダー(利害関係者)にも、いろいろな人たちがいて、ある利害関係者の利益ばかり追求すると、別の利害関係者の利益を損なう、という事も起こりえます。
たとえば、ある年に、企業がたくさんの利益を獲得した場合、その利益を消費者に還元するならば、値段を安くしてあげるでしょうし、そればかりだと、株主に配当する分が少なくなってしまいます。
また、消費者と株主ばかり気にしていると、「こんなに儲かったのに、なんで俺達の給料や賞与は上がらないんだ!」という従業員の不満も大きくなりますね。

つまり、利害関係者どうしの利害をバランスよく調節することが、これからの企業経営には、特に必要となってくる訳です。



« ブログ】blo | 時事用語時事問題を楽しくマスター | BtoC »



■好評の無料メールセミナーはこちら