時事用語時事問題 > 経営> デファクト・スタンダード

デファクト・スタンダード

【デファクト・スタンダード】DeFactoStandard
公的機関の認証によらず、事実上の業界標準となる規格のこと。

ある市場で、二つ以上の規格が乱立・競合することは、よくあります。

その後、ある一つの規格が多くの企業に採用され、より多くの需要者によって支持されるようになると、その規格は、デファクト・スタンダードとなります。

有名な例としては、ビデオのVHSとベータの競合です。
技術的にはベータの方が優れているといわれながら、結果として、VHSが事実上の規格となりました。
それは、デファクト・スタンダードを勝ち取る要因が、かならずしも技術力だけではない、ということを物語っています。

なお、パソコンOSのウィンドウズなども、デファクト・スタンダードの好例といえます。



« 円高 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ブログ】blo »



■好評の無料メールセミナーはこちら