時事用語時事問題 > 経営> フリーミアム

フリーミアム

フリーミアムとは、基本的なサービスや商品を無料で提供することで集客を行い、より高度なサービスや商品を購入してもらうビジネスモデルのこと。
「フリー(無料)」と「プレミアム(割増料金)」を組み合わせて作られた言葉である。2006年にフレッド・ウィルソンが提唱した。
商品を無料で配布することによって期待できる効果は①多くの顧客に商品を使ってもらい、その内の何割かの顧客が有料商品の購入をすることで売上を伸ばす。②新店舗への呼び込み材料となる。③店の他の商品を「ついで買い」する。
サービスでは、主にWebでのサービスで基本部分のサービスを無料で提供し、無料サービスを使用した顧客の何割かがより高度なサービスを料金を払って購入するという効果が期待できる。
商品の無料配布とWebサービスで異なる点は、商品は配布量が増えるとそれに比例して費用がかかるのに対して、Webでのサービスは利用者数が増加しても費用がそれほど変わらないため、大量に無料サービスを提供することが可能なことである。
2010年度版の世界長者番付で、フリーミアムのビジネスモデルを使ったグリー株式会社の田中社長がランクインしたことで話題となった。



« ケタミン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ショートニング »



■好評の無料メールセミナーはこちら